MENU
生きる気力がない,対処,主婦生きる気力がない,対処,主婦

生きる気力がもてない主婦が気力を取り戻すために本当に必要なこと

過去の私のように、最近何に対しても無気力で、
家のことをするにも面倒に感じたり辛く感じているのに、
その原因が何なのかもわからないまま改善もできずに毎日を過ごしてはいないですか。

 

原因は人によって様々ですが、
生きる気力がないという状態は、時には理由もなく起こることもありますよね。

 

主婦といっても仕事と家事を両立している方や家事や育児をしている専業主婦の方、
家事に育児に仕事をこなしている方などさまざまな主婦のかたちがあります。

 

客観的にはどのタイプであろうと家のことをこなすというのが主婦というように思われがちですが、
家族構成や家庭環境においてはさらに様々な主婦のかたちがあり、その数だけ悩みやストレスの形も存在しています。

 

 

生きる気力が突然なくなったのはどうして?

生きる気力がなくなる状態というのは、環境やきっかけなどにかかわらず、
特に理由が思い当たらないという場合でも起こることがあります。

 

原因のひとつ、女性ホルモン

主婦に限りませんが、女性は生理で女性ホルモンが分泌されるようになると気分が上下したり、
イライラしたり、それと同時に体調に影響されたりすることがありますよね。

 

こうした症状は、成長と共に改善策としてホルモンバランスを整えようと生活習慣を改善したり、
ストレス解消をしたり、体をなるべく冷やさないようにと自分に合った方法などを見つけて対処するようになり、そのうちに感情もコントロールできるようになってきます。

 

30代前後からのホルモン減少

ですが、30代前後からホルモンの分泌が減ってくるようになると、ホルモンバランスが
乱れやすくなり、コントロールしようにも思うようにいかず、辛く感じたりイライラや体調不良として出てくることがあるんです。

 

そういった状態でも余裕をもって対処できれば良いのですが、家事や不妊、妊娠、出産、育児、
仕事、人間関係といろいろなことが積み重なってくると、無意識のうちに疲れを溜め込んでしまい、
いつもは難なく熟していることでも面倒に感じたり、ストレスに感じてしまうようになってしまいます。

 

そのような状態であっても、家のことは毎日のことだからと無理にこなそうとされる方もいますが、
自分のこともままならない状態では何をしても辛くなって悪循環に陥るだけなので、まずは
心も体もゆっくりと休めてあげることが必要です。

 

 

生きる気力のない今の状態は、自分からのSOS

とはいえ、無理をしない程度にといいながら
「これだけは」、「やらなきゃやらなきゃ」と結局いろいろと頑張ってしまうんですよね。

 

休める時にしっかり休む方もいれば、休めるのにあれこれ周りを気にして動いてしまう方、
辛い時ほど自分に厳しくなってしまう方と人によってさまざまですが、
今の状態を改善するには自分の状態をきちんと理解することが必要なので、
生きる気力のない今の状態が自分からの
SOSなんだと思って、まずは自分を受け止めてあげましょう。

 

休むというのは、甘えだったり怠けるのではなく、
何もできない状態になってしまう前にエネルギーを補給してあげる時間のことです。
さすがに1日その時間をつくるのは無理という方なら、毎日数分でも自分の休める時間を
作ってみるようにして下さい。

 

毎日の事だと、例えば「今日何を食べよう」で始まり、献立を考え、家計をやりくりしながら
食材を揃えて、適当とはいっても味付けや量なども考えたり、これにプラスして家事全般となれば
正直何も考えないでいられる時間ってほとんどないですよね。

 

また、子育て中の方なら子供の事に加え、幼稚園や学校などの行事にママ友などの人間関係、
お仕事をしている方なら職場のことなど、自分のことも忘れるほど四六時中あれこれと
頭が休まる暇もないでしょう。

 

難なくこなしている人もいることを考えると、
なんだか自分の頑張りが足りないのかも
なんて思ってしまうこともあるかもしれませんが、
人生は自分の描いていた通りにはなかなか進まないというのが普通で、苦戦している人の方がほとんどなんですよ。

 

 

何のために生きているの?解決方法は人それぞれ

悩みやストレスの原因が人によって違うように、
誰もが経験することでも解決法は人によって違います。
「普通」なんていうのは誰かが付けた単位で、実際には存在すらしていないようものです。

 

なので、皆がこうしているから自分も頑張ろうとするのではなく、乗り越えるために
自分はエネルギー補給の時間を持とうと決めることも1つなんです。
それが自分も難なく熟せられるだけの余裕を持つ事に繋がるとしたら、人に合わせる必要は全くないですよね。

 

結婚後は、家族や家事、不妊、妊娠、出産、子育て、仕事、親戚やママ友、ご近所付き合い
などの人間関係と様々なことをきっかけに何かと自分のことが後回しになってしまうことが多くなります。
そんな状況の中、時には追い打ちをかけるようにいろいろなことが次から次と起こることもあります。

 

こんな時に何もかも抱え込んでしまっては、心も身体も疲れてしまいますし、突然過去を振り返ってこれまで何をしてきたんだろうと悲観的になってしまうことだってあると思います。

 

何にでも適応できるほど器用な人ばかりではないですし、結婚生活や子育ての中でこれまで経験のないことが起きた時には、悩んで慌ててパニックにもなりますし、
その時にすぐに対応するだけの余力が無ければ、心も身体も追いつけずに立ち止まってしまうのも普通なことです。

 

 

ほんの少しだけ立ち止まってみて

「休むなんて考えられない」、とにかく無我夢中で頑張ることに精一杯だという人も多いです。

 

でも、それがいずれ自分を立ち止まらせてしまう原因となるなら、今少し自分の時間を持つことも必要なことではないでしょうか。
立ち止まるには勇気も必要ですし、休むことにも何かと犠牲を払うこともあります。

 

けれど、そんなことを考えて考えて無理に自分を頑張らせて、
疲れ果ててしまっては結局は動けなくなってしまうのではないでしょうか。

 

ときには何も考えない時間を持って、ぼーっとする、ただそれだけのことで気持ちも楽になります。
考え始めると自分の許容量を超えて余計な情報までが入り込んでしまい、それが不安や悩みとなってあふれてしまうからです。
それが何をする時にでも常に同時進行していたら、辛くなるのも無理はありません。

 

なのでまずは休むというよりは、音楽を聞いたり映画を観たり、
少しでも自分だけの時間を作ることから始めてみましょう。

 

心ではわかっていてもなかなか感情をうまくコントロールできないという方は、
ネガティブな潜在意識を変えるためにザシークレットサブリミナルCDを試してみるのも1つです。

生きる気力がない,対処,主婦生きる気力がない,対処,主婦